試す前に知っておきたい副作用


「肌の漂白剤」と呼ばれるほど顔のシミに効果が高いハイドロキノン。
シミ・色素沈着の原因であるメラニン色素の生成に必要な酵素チロシナーゼの生成を抑える働きのある美白成分です。

シミ・シワの原因であるチロシナーゼの生成も抑えることで、欧米では一般的で人気が高く、よく使われる美白成分として知られています。
日本も美容外科や皮膚科などで処方されるシミ対策の薬品として使われてきましたが、最近では薬事法が改正され、一般的な美白化粧品に配合することができるようになり、その効果の高さから人気も注目も集まっています。

ただ注意しなければならないのは、ハイドロキノンは効果も高い分、強い作用のある成分なので使用の際は副作用について前もって知っておくことが必要です。

ハイドロキノンをご使用になる前に知っておきたい副作用についてご紹介します。

一般的に販売されている美白化粧品などに含まれているハイドロキノンの濃度は薄いため、さほど副作用の心配はありませんが、美容外科や皮膚科で処方される場合は副作用について考えておいた方がよいでしょう。
高濃度のハイドロキノンを繰り返し使う場合、その使用した部位だけ白く色が抜けてしまう事が心配されます。

顔のシミだけではなく、肌の色まで抜けてしまい白い斑点のようになってしまう事もあります。また、そのように肌の色が抜けてしまうと元に戻すのは難しいです。
一定の箇所に長い期間をかけて高濃度のハイドロキノンを塗布するような使い方は避けましょう。
また、肌の色が抜けるほどの副作用が無い場合でも、刺激の強い成分ですので、炎症やかぶれたりすることがありますので気をつけましょう。顔のシミなどにお使いになる前に、腕などにパッチテストをしてから使うと良いでしょう。

ハイドロキノンが奥まで浸透、ビーグレンの美白プレミアムセット

究極の美白成分ハイドロキノンに加え、
ビタミンC誘導体や保湿成分をバランス良く配合したセットです。

ビーグレン社の持つ特許・浸透技術によって、
少ない美白成分でもお肌の奥まで届けることができるため
お肌に負担をかけることなく、しみ消し効果を実感できます。

詳しくはビーグレン社のホームページでどうぞ。
ハイドロキノン以外の詳しい説明がありますよ。
ビーグレンのホームページへ


3702-1394223806-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする