腸管免疫とは?

今回は、デトックスとは少し違いますが、腸の大事な働きについてご紹介します。

小腸は食べ物から栄養素を取り出し、血液を通じて体全体へと栄養を送ります。
この働きによってエネルギーが作られるわけですが、他にも大切な役割があることを知っていますか?
デトックス、つまり毒素を対外に出す以前に、ばい菌を入れないようにする仕組みがあるのです。

小腸の壁つまり絨毛の中にはパイエル板というところがあります。
実はそこには体を病気から守る無数のリンパ球が集まっているんです。
リンパ球とは免疫細胞の一つで、パイエル板には体内のリンパ球の60%〜70%が集結していると言われています。
外部から進入してくる敵から体を守ってくれる巨大基地といったところでしょうか。
ですから腸は栄養を吸収し排泄するだけではなく免疫機能の面でも要となる器官だということが分かりますよね。
このように腸に備わっている、病原菌やウィルスなどから体を守る仕組み・免疫を腸管免疫と言います。

私たちの生活で「食」は欠かせないもの。
しかしそんなに美味しいものでも、口にすれば何かしらの菌やウィルスも一緒に入ってしまいます。
腸管免疫があることで、異物の侵入から体を守ってくれるわけですから腸を大切にすることは免疫力を強くすることにも繋がりますね。
腸内環境が良く免疫力が高いと、毎年心配のタネになるインフルエンザも怖くないかもしれません。
タミフルは副作用の心配も拭えませんから、自分の免疫力でインフルエンザを寄せ付けないことが一番ですよね。
逆に腸内の状態が悪く腸管免疫にも異常が出てくると、軽いものから重いものまでどんな病気でもかかり得ると言っても過言ではないでしょう。

このように体の中で一番といえる免疫器官ですから、良好な状態を保つことを心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする