知っておきたい“肝斑”のこと

最近よくテレビや雑誌で見聞きするようになった“肝斑”
気にはなっているけど詳しいことは知らないという方が多いのでは?

これから、そんな方々のために“肝斑”についてご紹介します。

まず“肝斑”とは、30代~40代の女性に多くみられる顔のシミのことです。
頬や目元などに左右対称にぼんやりと茶褐色にくすんだようにできます。

以前まで治療は難しいと言われてましたが、
今は様々な治療法やお手入れ方法が考案されています。

肝斑のできる原因

肝版は紫外線とホルモンバランスの乱れからできる顔のシミです。
妊娠中、ピルの長期使用中、更年期によくできます。
睡眠不足やストレスなどでホルモンのバランスが更に崩れて酷くなることもあります。
ホルモンバランスが整うと薄くなったり、治るケースもあります。

肝斑の治療法

肝斑は、ホルモンバランスの乱れでできる顔のシミなので
レーザー治療などは不向きです。
生活習慣の改善などでホルモンバランスの安定を心がけることが大切です。

ハイドロキノン配合化粧品によって、自宅でも大きく改善することができます。

また、メラニンの生成を抑制するのに効果的なトラネキサム酸と
ビタミンC、ビタミンEを合わせて摂取することで改善します。
ただし、トラネキサム酸は血栓性のリスクがあるため使用する場合は
必ず医師に相談してから服用することをおすすめします。

肝斑に有効なスキンケア

■紫外線対策
強い日差しは直接受けないように日傘や帽子を持ち歩き、
日焼け止めなどを使用して素肌で日差しを受けるようなことは避けましょう。

■肌の刺激対策
洗顔などで肌を強く擦ると色素沈着を引き起こしますので、
肌への刺激は極力避けて下さい。

■抗酸化物質の摂取

ビタミンCを含む緑黄色野菜、淡色野菜、果物
ビタミンAを含む緑黄色野菜、レバー
ビタミンEを含む植物油、魚介類、ナッツ類、小麦麦芽、うなぎ
ポリフェノールを含む赤ワイン、ぶどう、ココア、緑茶、大豆、ごま

これらを積極的に摂取することで内側からシミ対策を行いましょう。

肝斑を消したい方におすすめ、ビーグレンの美白プレミアムセット

究極の美白成分ハイドロキノンに加え、
ビタミンC誘導体や保湿成分をバランス良く配合したセットです。ビーグレン社の持つ特許・浸透技術によって、
少ない美白成分でもお肌の奥まで届けることができるため
お肌に負担をかけることなく、しみ消し効果を実感できます。詳しくはビーグレン社のホームページでどうぞ。
ハイドロキノン以外の詳しい説明がありますよ。
ビーグレンのホームページへ


3702-1394223806-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする