若き日のツケ老人性色素斑

今悩んでいる顔のシミ。
それが老人性色素斑なら、原因は過去にスキンケアを怠ったツケだったりします。

老人性色素斑のできる原因

老人性色素斑は、紫外線が原因でできるシミです。
日焼け後に適切なケアを怠ったことでメラニンの生成が過剰になり色素が沈着し、
頬骨などの紫外線を受けやすい場所にできます。
加齢とともに目立ち始める顔のシミなのです。

老人性色素斑の治療法

老人性色素斑は、発生の初期の段階でしたら
ハイドロキノンなどの美白化粧品や抗酸化物質を摂ることにより
薄く目立たなくできます。

しかし、くっきりとシミになってしまった場合は難しいでしょう。
その場合は、レーザー治療に頼るのも一つの方法かもしれません。

老人性色素斑に有効なスキンケア

美白化粧品

商品のイメージだけに惑わされず、
美白成分がしっかりと入っているものを選びましょう。

初期の老人性色素斑には、ハイドロキノンが効果を発揮します。
手遅れにならないうちに早めのケアが大切です。

抗酸化物質の摂取

紫外線からダメージを受けた細胞を守る働きがあります

ビタミンCを含む食品→緑黄色野菜、淡色野菜、果物
ビタミンAを含む食品→緑黄色野菜、レバーなど
ビタミンEを含む食品→植物油、魚介類、ナッツ類、小麦麦芽、うなぎなど
ポリフェノールを含む食品→赤ワイン、ぶどう、ココア、緑茶、大豆、ごまなど

日々の食事にこれらの食品を上手に取り入れてみましょう。
顔のシミには日々のスキンケアと正しい知識が必要です。
自分に合ったスキンケア方法を見つけて、効果的なシミ対策を行って下さい。

老人性色素斑を消したい方におすすめ、ビーグレンの美白プレミアムセット

究極の美白成分ハイドロキノンに加え、
ビタミンC誘導体や保湿成分をバランス良く配合したセットです。

ビーグレン社の持つ特許・浸透技術によって、
少ない美白成分でもお肌の奥まで届けることができるため
お肌に負担をかけることなく、しみ消し効果を実感できます。

詳しくはビーグレン社のホームページでどうぞ。
ハイドロキノン以外の詳しい説明がありますよ。
ビーグレンのホームページへ


3702-1394223806-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする