くすみ・黒ずみは色素沈着


何だか肌に透明感が無くなり、口元などくすんできたとお悩みな方は多いのでは?
肌の黒ずみやくすみは、色素沈着というシミかもしれません。

それでは、色素沈着はどうすれば改善されるのかをご紹介します。

色素沈着の原因

ニキビ跡や肌荒れ、すり傷など炎症を起こした場所にできるシミが
炎症性色素沈着です。

炎症の治癒する過程で茶色くくすみますが、本来だと時間とともに色は薄れます。
ただ、治癒の過程で多く紫外線を浴びると色が濃くなり薄れにくくなります。

また、マッサージや洗顔の際に強く擦ったり、
肌に合わない化粧品を使い起きる炎症も原因になります。

色素沈着のスキンケア

抗酸化物質の摂取

肌の代謝を促し、色素沈着した角質が剥がれ落ちるように、抗酸化物質を効率よく摂取しましょう。
抗酸化物質の吸収を高めるために、カルシウムとマグネシウムを同時に摂ることをおすすめします。

ビタミンC→緑黄色野菜、淡色野菜、果物
ビタミンA→緑黄色野菜、レバー
ビタミンE→植物油、魚介類、ナッツ類、小麦麦芽、うなぎ
ポリフェノール→赤ワイン、ぶどう、ココア、緑茶、大豆、ごま
カルシウム→チーズ、小松菜
マグネシウム→ごま、松の実

肌に優しいスキンケア

炎症を起こさない努力をしましょう。

洗顔時
洗顔剤は水分を含ませ手のひらでたっぷり泡立て、その泡で優しく洗顔しましょう。

タオルの使用時
タオルで肌を擦るのではなく、吸い取るようにパッティングしましょう。

マッサージ時
肌に摩擦が起こらないようオイルなどを付けて滑りをよくして行いましょう。

ニキビ・傷がある場合
肌を清潔に保ち、手などからの雑菌も炎症の大きな原因なので手洗いを心がけましょう。

代謝の促進

2週間に1回程度はピーリング石鹸や、ピーリングジェルなどを使い
ターンオーバーを促しましょう。
ピーリングはやり過ぎると肌の乾燥を招いたり肌にダメージが及ぶので注意して下さい。

色素沈着に効果アリ! ビーグレンの美白プレミアムセット

究極の美白成分ハイドロキノンに加え、
ビタミンC誘導体や保湿成分をバランス良く配合したセットです。

ビーグレン社の持つ特許・浸透技術によって、
少ない美白成分でもお肌の奥まで届けることができるため
お肌に負担をかけることなく、しみ消し効果を実感できます。

詳しくはビーグレン社のホームページでどうぞ。
ハイドロキノン以外の詳しい説明がありますよ。
ビーグレンのホームページへ


3702-1394223806-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする