シミにサヨナラ 成分知識


顔のシミを気にしてあれこれ美白製品を見てもどれが良いのか解らない。

「どのような成分が入った製品を購入してよいのか見当もつかない」
という方に顔のシミのケアに有効とされている成分をご紹介します。

抗酸化物質

食品やサプリメントにより摂取できます。

ビタミンCを含む食品
緑黄色野菜、淡色野菜、果物

ビタミンAを含む食品
緑黄色野菜、レバーなど

ビタミンEを含む食品
植物油、魚介類、ナッツ類、小麦麦芽、うなぎなど

ポリフェノールを含む食品
赤ワイン、ぶどう、ココア、緑茶、大豆、ごまなど

美白成分

チロシナーゼを抑制する成分

ハイドロキノン
日本でも2002年以降、皮膚科以外でも取り扱われるようになった。
今では美白界の代表的な成分。

ビタミンC誘導体
ビタミンCを角質層への透過を高めるため誘導体化させたもの

ブラセンタエキス
豚の胎盤から抽出された成分。美白はもちろん保湿にも優れている

アルブチン
コケモモから抽出された成分

エラグ酸
イチゴなどのベリー種から抽出された天然ポリフェノールを豊富に含んだ成分

ルシノール
モミの木に含まれる物質に類似したレゾルシン誘導体の一種

トラネキサム酸
止血剤として用いられる人工合成したアミノ酸。
※トラネキサム酸は血栓性のリスクがあるため使用する場合は
必ず医師に相談してから服用することをおすすめします。

ルノール酸
ベニバナ油やサフラワー油などから抽出される成分

油溶性甘草エキス
漢方薬の甘草から抽出される成分。

エンドセリンを抑制する成分

カモミラET
カモミールから抽出される成分

プロスタグランジンを抑制する成分

t-シクロアミノ酸誘導体
顔のシミを濃くする物質を抑制するのに効果的な成分

これらの知識をもとに、美白ケア製品を選ぶ時には
配合されている成分などを見て自分に合った製品選びにお役立て下さい。

美白成分をバランスよく使用、ビーグレンの美白プレミアムセット

究極の美白成分ハイドロキノンに加え、
ビタミンC誘導体や保湿成分をバランス良く配合したセットです。

ビーグレン社の持つ特許・浸透技術によって、
少ない美白成分でもお肌の奥まで届けることができるため
お肌に負担をかけることなく、しみ消し効果を実感できます。

詳しくはビーグレン社のホームページでどうぞ。
ハイドロキノン以外の詳しい説明がありますよ。
ビーグレンのホームページへ


3702-1394223806-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする