ハイドロキノンの取扱いについて

顔のシミの予防効果が高いと評判の“ハイドロキノン”は
その効果が高いのと同時に作用も強く、取り扱いにも注意が必要な薬品です。
ハイドロキノンを使用・管理する際の注意点を紹介します。

保管方法

ハイドロキノンは、熱や光に弱い成分です。
成分が変質してしまうなどの心配があるので保管には注意しましょう。
冷蔵庫などの低温で日光の当たらない場所で保管するのが安心です。
また、消費期限は開封後は早めのご使用をおすすめします。

使用上の注意

長期間使用する場合は3カ月以上の連続使用はやめましょう。
様子を見ながら中断期間を設けるとおすすめします。

顔のシミだけでなく、肌の色が抜けるなどの副作用もあるので気をつけましょう。
脱色の副作用が無い場合でも、刺激の強い成分ですので、炎症やかぶれたりすることがあります。
顔のシミに使う前に、腕などにパッチテストをしてから使うと良いでしょう。

紫外線に注意

ハイドロキノンを塗布後は紫外線に当たらないよう気をつけて下さい。
塗布後に外出などする際は、帽子・日傘・UV対策メイクなど必ず紫外線対策を行って下さい。

ハイドロキノンを塗布している肌は、メラニンの生成を抑制しているために紫外線に弱くなります。
メラニンの生成を抑制するというのは紫外線に対しての耐性が無くなり、
日焼けしやすい状態になってしまうという事なので気をつけましょう。

ハイドロキノンが奥まで浸透、ビーグレンの美白プレミアムセット

究極の美白成分ハイドロキノンに加え、
ビタミンC誘導体や保湿成分をバランス良く配合したセットです。

ビーグレン社の持つ特許・浸透技術によって、
少ない美白成分でもお肌の奥まで届けることができるため
お肌に負担をかけることなく、しみ消し効果を実感できます。

詳しくはビーグレン社のホームページでどうぞ。
ハイドロキノン以外の詳しい説明がありますよ。
ビーグレンのホームページへ


3702-1394223806-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする