ハイドロキノンの入手法


“ハイドロキノン”は以前まで、整形外科・美容整形外科・皮膚科などの病院で処方してもらわなければ入手できませんでしたが、薬事法が改定されてからは一般に販売されている美白化粧品にも使われるようになり入手は楽になりました。

これから顔のシミ対策にハイドロキノンをお使いになろうとお考えの方は、病院で入手する利点と一般販売の化粧品を使う利点を比較し、あなたにはどの入手法が好ましいかを検討するのにお役立て下さい。

【皮膚科などの病院】
皮膚科などの病院で処方・購入できるものは比較的濃度も高く、医師に相談してから使用を決め、使用方法もしっかりレクチャーしてもらいましょう。
医師に相談するので安心感もありますし、自分の顔のシミの状況やもともとの肌の性質に合わせて処方してもらえるのがポイントです。また、何かトラブルがあった場合も医師に相談ができるので安心でしょう。

【一般販売の化粧品】
一般販売されている美白化粧品を使用するのは、気軽で簡単に入手ができるという利点があります。まずはトライアルとして、低濃度の化粧品を試してみるのが良いでしょう。また、化粧水・クリーム・ジェル・ピンポイントエッセンスなど、自分の志向や顔のシミに合う商品を選んで試せるのも魅力です。

ハイドロキノンが奥まで浸透、ビーグレンの美白プレミアムセット

究極の美白成分ハイドロキノンに加え、
ビタミンC誘導体や保湿成分をバランス良く配合したセットです。

ビーグレン社の持つ特許・浸透技術によって、
少ない美白成分でもお肌の奥まで届けることができるため
お肌に負担をかけることなく、しみ消し効果を実感できます。

詳しくはビーグレン社のホームページでどうぞ。
ハイドロキノン以外の詳しい説明がありますよ。
ビーグレンのホームページへ


3702-1394223806-3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする